大阪府東大阪市内でスポーツのケガや痛み、交通事故による痛みやむち打ちに強い接骨院・鍼灸院

新着情報・ブログ一覧

東大阪市で踵の痛みでお困り方へ

2022年11月11日

スタッフブログ

こんにちは!スタッフの伊藤です😀

普段社会人の方で健康の為に散歩をしたり学生の皆さんはスポーツをしたりなど体を動かすことが多いと思います!

そのなかで歩いていると踵の部分が痛かったりつま先立ちをすると痛みがでたりすることが

ありませんか?

もしかしたらそれはアキレス腱に問題が生じているかもしれません😩😩

今回はアキレス腱炎について少し説明させて頂こうかなと思います。

アキレス腱炎といっても種類がいくつかあり

①アキレス腱自体に炎症が出ているもの

②アキレス腱の付着部に炎症が出ているもの

③アキレス腱の周りには刀の鞘のようになっていて摩擦を軽減さして動きをよくしてくれる

パラテンノンというものが存在しそのパラテノンなどに炎症が出ているアキレス腱周囲炎など

様々あります。

スポーツをしていてランニングやジャンプなどを繰り返すことや、加齢に伴う変性によって

起こったりなど幅広い年代の人に当てはまるのがアキレス腱炎です。

また足のアーチ(土踏まず)が形成されてない扁平足なども原因の一つにあげられています。

運動時や朝起きてすぐ痛いけど歩いていたら痛みが軽減するなどもありますが放っておくと

運動後などにも影響してきて中々治らないということに陥ります😰😰

当院ではこういった症状の原因や問題を突き止め、治療をさせて頂きます。

また日常生活での過ごし方や気をつけ方、痛みが軽減してからのリハビリや再発予防まで

少しでも患者様の力になれるようサポートさせていただきます。

もし何か少しでも異変や痛みを感じた場合は是非一度当院にご相談ください。

足の裏が痛い方ご相談下さい

2022年10月27日

スタッフブログ

こんにちは。

中村鍼灸接骨院のスタッフの濵本です。

今回は足の裏に痛みが出る疾患、「足底腱膜炎」について少しお話しさせてください。

足が疲れやすくていつもマッサージして欲しくなるような感じになる。

特に足の裏がよく疲れるのでマッサージされると気持ちいい。

でも今回の足の裏の痛みはとても強く、マッサージをすると、いつもと違った痛みを感じる。

もしこんな状態であれば足底腱膜炎を疑った方が良いかもしれません。

足底腱膜炎とは、足の裏にある足底腱膜を損傷してしまい、炎症が起きている状態になります。

そして、その足底腱膜とは、足の裏のアーチ(土踏まず)を形成している丈夫な腱膜です。

この足底腱膜が、
・運動不足
・メンテナンス不足
などの理由で柔軟性を失い、炎症を起こしてしまうのです。

この疾患は、割と多くの方に発生しますが、何が原因の痛みなのかわからないまま医療機関に

かからず生活されている事も多くあります。

ですが、しっかりと治療せずに放置しておくと慢性化し、なかなか痛みがとれない状態に陥って

しまう事もありますので、しっかり治療しましょう。

中村鍼灸接骨院では、まずは痛みの原因が足底腱膜炎なのかどうかしっかりと見極め、治療を

開始します。

そして日常生活での注意点等、症状が長引かないよう、痛みを早く抑えられるよう指導させて

頂きます。

その後、リハビリやストレッチ指導等を行い元の痛みのない生活に復帰して頂きます。

復帰後は再発防止のアドバイスを行い、症状を根本的に治療します。

もし自分の身体について、痛みや気になる事があればお気軽にご相談ください。

解決に向けてしっかりと対応します!

祝 9周年

2022年10月15日

スタッフブログ

みなさんこんにちは😊受付の大久保です🎶

9月17日で中村鍼灸接骨院9年目を迎えました👏🏽🎉


私は開院当初から関わりがありますがこの9年でたくさんの患者様と出会えたこと

トップアスリートと関われていることにすごく誇りに思います。

皆様の支えがあったからこその9年だと思っており、皆様には感謝しています🙇🏼‍♀️

いつもありがとうございます!!

また、このような院を築き上げて下さってる院長先生、スタッフの皆様にも感謝しております🙇🏼‍♀️

この感謝の気持ちを忘れずに中村鍼灸接骨院は皆様のお力になれるよう発展し続けていきたいと

思います!

これからもパワー全開で頑張っていきますので宜しくお願い致します!

なにかありましたらいつでもご相談下さい😊✨

転倒防止に内転筋を鍛えましょう

2022年10月13日

スタッフブログ

こんにちは!!スタッフ久原です🎃

当院では通院が困難な患者様のご自宅にお伺いし、リハビリや治療を受けることができる

『訪問鍼灸・マッサージ』を行なっており、リハビリやマッサージだけでなく自宅でもできる簡単な

トレーニングを患者様にお伝えしています🙆‍♀️

先日、当院で脳梗塞後のリハビリで施術を受けられている患者様が自宅にて歩行訓練中、何度か転倒

しそうになるので何か改善できるトレーニングはありませんか?とご相談を受けました

お話をお伺いし体がぶれてしまうのは太ももの内側にある

『内転筋』

という筋肉の筋力が低下していると考え

内転筋のリハビリトレーニングをお伝えしました。

内転筋とは脚を閉じる作用の他に、脚が外側へ広がるのを抑え真っ直ぐ立つ姿勢を維持するのに

重要な筋肉になります。

下半身を安定させる効果もあり、スポーツをされている方にとってもパフォーマンスアップに

関連する筋肉にもなります。

日常生活では使われる機会が少なく、筋力が落ちやすく脂肪もつきやすい部位になります。

その為トレーニングで鍛える必要があり、体の支持機能として役立ちます🦵☺️

歩行等による体重移動の際に内転筋に力が入っていないと体の軸が安定しません

内転筋を上手く使えることができれば転倒防止にも繋がるのではと思い硬めのクッションやボールを

使ったトレーニングをお伝えさせて頂きました🙋‍♀️

早速リハビリメニューに入れて頂き、毎日空いた時間を見つけてはトレーニングされています👏

この調子で転倒の心配もせず歩行訓練ができるよう今後もしっかりサポートさせて頂きます。

足の痛み(シンスプリント)でお困りの方ご相談ください

2022年09月22日

スタッフブログ

皆さんこんにちは!!😄スタッフの伊藤です。

今回はシンスプリントについて少しご紹介していこうと思います!!


学生さんや社会人の方でシンスプリントになったことがある!と言う方をよく耳にします。

シンスプリントという言葉を聞いて痛みの場所などは想像つく方は多いかもしれませんが

実際どのようにしておこるかなどはあまり知られていません。

シンスプリントとは脛の内側の痛みで別名脛骨過労生骨膜炎といいます。骨には骨膜という膜が

張られていて、そこには筋肉が付着しています。そこに筋力の低下や筋肉の疲労により骨膜が

筋肉に引っ張られて骨膜が炎症を起こします。😱

また扁平足やコンクリートなどの固い地面で走ったりなど、足に直接衝撃が加わりやすい環境なども

原因となります。

シンスプリントになり始めの時期に運動を無理にしてしまうと慢性化する可能性があるので、痛みを

感じる場合は安静とアイシングをしっかり行いましょう!!☺️

当院では治療だけではなく、スポーツ復帰までのリハビリや、再発防止まで様々なことに対して

サポートさせて頂きます。

もし少しでも体に痛みや異変を感じた場合は1人で抱え込まず、当院にご相談ください。