肩の痛みについて問い合わせが多い中村鍼灸接骨院です。

初診時に詳しく状態を伺うと多くの方が
『前から痛かった』
『いつ痛めたかわからない』
『40肩やと思う』などなど

肩の痛みは様々です。

今日は四十肩の痛みについてお話します。

注、一般的に負傷日がわからない症状は健康保険適応できません

「四十肩」「五十肩」と言われているのは肩関節周囲炎と言います。
関節の周りにある組織が炎症などによって痛みが起こり、肩や腕の動きが制限されてしまいます。
原因は明らかになっていませんが、加齢で肩の組織の柔軟性が低下して炎症を起こしたり、部分的な断裂、癒着が起こりやすくなったり、血流が悪化することが関係しているといわれています。

40歳、50歳代での発症が多いので「五十肩」と呼ばれるようになったのですが、最近では30歳代でも発症する人が増えています。

症状
肩を動かすと強い痛みがあり、腕を上げたり背中に回したりする時にも痛むので動きが制限されます。
夜間寝ているときも激痛が走り、睡眠を妨げられることもあります。また服の着脱時や髪をとかす時などに痛みます。

ネット情報などでは自然に治る場合もあると言われていますが腱板に石灰が沈着する「石灰沈着性腱板炎」の場合には激痛がおこり、まったく腕を動かせなくなることもありますし、転倒して肩を強く打ったり、重い荷物を持ち上げたときに「腱板断裂」を起こす場合もあります。

治療法は
初期の痛みが強い時期はまず安静が必要です。
肩を無理に動かさず、痛みが強い時には一時的に三角巾などを用いて肩の安静を保つようにします。
中村鍼灸接骨院へ通われている多くの方は鍼治療を行なっております。

※写真は元アーチェリー日本代表 川中香緒里選手

経験上、一つ言える事は何もしなければ何も変わりません。

中村鍼灸接骨院では体の負担が無く、痛みを和らげる治療を心掛けております。

東大阪市で肩の痛みにお困りの方は一度、ご相談下さい。