皆さんこんにちは😃
中村鍼灸接骨院の佐藤です!

最近は特に女性の患者さんで手首や親指の付け根が痛いと言われる方が多くいらっしゃいます💦
今回はそんな親指の付け根の痛みについて書いていこうと思います!

・瓶のふたを開けようとする時、ドアの取手など何かをつかむ時
・ホッチキスやハサミを使う時
・手の親指の付け根あたりが腫れている
このような症状が現れた方は「母指CM関節症」の疑いが高いです。
CM関節とは「親指と手首の間にある小さい関節」のことで、一般的に「母指CM関節」というと“親指の付け根の関節”を指しています。

「母指CM関節症」は、他の変形性関節症と同様、圧倒的に女性の発生が多くなっています。
特に、更年期以降は加齢による老化現象として、関節軟骨がすり減りやすく、関節の炎症を起こしやすくなってしまうのです💦

この症状の原因として、
①加齢・老化
②親指への負担蓄積
③女性ホルモンの減少
この3点が主な原因となっております。
40代〜70代の女性が多いですが、適切に、そして早めに治療を行えば、その分早く痛みや手の機能が改善するだけでなく、悪化して手術をするということを避けることも可能です!

当院では一人一人にあった治療、リハビリを組み込んでいきます!💪
自分で処置をするのはとても危険なので、是非一度当院にご相談してください‼️