こんにちは
中村鍼灸接骨院 院長中村です

さまざまな症状の患者様が来院されていますが今回は特に最近、相談の多い成長痛や膝の痛み、オスグッド病について当院に来院されている方の症状などお伝えします

成長痛って?
成長期の骨には、身長を伸ばしたり太くなったりするために骨の端に成長軟骨と呼ばれる軟骨層があります。 「骨端線」と呼ばれ、俗称を「成長線」ともいいます。大人になると骨端線はなくなります。成長期の関節では、スポーツなどの強い外力によってこの弱い部分である骨端線やその周囲が損傷する場合があり、そこに炎症が起き痛みの原因となります。

オスグッド病って?
オスグッド病 (オスグッド・シュラッター病)とは、10~14歳の成長期に多く発症し、膝のお皿の下の骨が徐々に突出して腫れることで痛みを引き起こします。
「ジャンプ」「ダッシュ」の動作が多いサッカーやバスケットボールなどで成長期の子どもによくみられる症状です。
成長期によくある一過性の疾患として認知されているため、初期の症状であれば、スポーツ活動を短期間のみ一部制限するだけで治癒する場合もあります。ですが、進行すると一定期間の安静が必要になります。

中村鍼灸接骨院では患者様の症状に合わせた施術方法やリハビリ、無理のない通院指導を行います。試合や練習を休みたくない方でも安心してご相談下さい。