令和2年2月23日から大阪入りされた力士達と毎年関わっています

3月22日長いようで短い1か月が終わりました

無観客という誰もが経験した事の無い雰囲気
中日を過ぎた頃から各力士の疲労はピーク
痛い痒いをあまり言わないが関取も疲れが表情に出ていました

アスリートは相手以外にも自分自身と年齢と戦わなければなりません

平常心
心技体

それぞれアスリートにとっては永遠のテーマです

答えは結果のみ

膝の前十字靭帯を損傷しても
捻挫や打撲でも
肩が痛くても
最後まで土俵に残っていれば良いんです

令和最初の大相撲大阪場所もまた沢山のドラマが有りました

2017年〜大相撲巡業トレーナーとして様々な力士と関わり、コンディショニングサポートを行なっております。

 

スポーツで痛み、お困りの方はご相談下さい。
アスリートでも地域の方でも痛みで悩んでる方は沢山おられます。

東大阪市、八尾市在住の方から遠くは東京から
四十肩、ぎっくり腰、膝の変形、TFCC、踵骨骨端症など
特殊な症例も数多く来院されています。

1人で悩むより、一度お話下さい。

中村鍼灸接骨院 院長